山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違いを比較!おすすめはどっち?

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違い

今回は山善の加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違いを比較してみました。

KSF-M1001は2021年10月に発売された旧モデルです。

そして2022年9月に、KS-GC28としてリニューアル発売されました。

KS-GC28とKSF-M1001を比較してみると4点の違いがありました。

  • 搭載モードの違い
  • KSF-M1001にはチャイルドロック機能あり
  • KS-GC28はタンクと一体化しているので手入れがしやすい
  • 価格の違い

山善の加湿器KS-GC28とKSF-M1001の詳しい違いは本文をご覧ください。

▼2022年発売の新モデル、山善スチーム式加湿器KS-GC28はこちら!

▼2021年発売の旧モデル、山善スチーム式加湿器KSF-M1001はこちら!

>>>山善スチーム式加湿器KS-GC28の口コミ・電気代についてコチラの記事をご覧ください!

目次

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違いの比較

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の機能の違いをまとめました。

旧モデルとの違いが4点あります。

  • 搭載モードの違い
  • KSF-M1001にはチャイルドロック機能あり
  • KS-GC28はタンクと一体化しているので手入れがしやすい
  • 価格の違い

では、山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の詳しい違いをご紹介したいと思います。

搭載モードの違い

山善加湿器KS-GC28に搭載されているモードについてです。

まず3段階切替モードです。

このモードは、強中弱の3段階で切り替えることが出来ます。

さらにAutoモードで50~60%に設定出来ちゃいます。

また、KS-GC28には急速モードが搭載されていて、通常40分のところを、15分で設定湿度まで加湿することが出来ます。

続いて、KSF-M1001に搭載されているモードについて紹介します。

KSF-M1001には自動運転と湿度運転があります。

自動運転では、湿度50/60/70%の3段階に設定可能です。

そして湿度運転で現在の湿度を表示して運転してくれます。

KSF-M1001にはチャイルドロック機能あり

KSF-M1001には安全装置としてチャイルドロック機能がついています。

停止時に設定すると運転開始が出来ません。

運転中に設定すると停止以外の操作が出来なくなります。

小さいお子さんがいるお家や、ペットを飼っているお家の人には嬉しいですね♪

KS-GC28はタンクと一体化しているので手入れがしやすい

KS-GC28は、ヒーターと水タンクが1つになっており部品数が少ないです。

さらに開口部が広いので、とてもお手入れがしやすいつくりになっています。

清潔に保つことが出来るのは大事なポイントですね。

価格の違い

山善の加湿器KS-GC28とKSF-M1001の価格を公式サイトと大手サイトで比較してみました。

KS-GC28 KSF-M1001
公式サイト 10,800円 23,800円
楽天 10,800円 17,000~28,000円
Amazon 9,800円 16,444円
Yahoo!ショッピング 10,800円 17,000~33,000円

KS-GC28の方がコンパクトなモデルなので安くなっています。

また、どちらもAmazonでは少し安い価格で販売されていました。

▼2022年発売の新モデル、山善スチーム式加湿器KS-GC28はこちら!

▼2021年発売の旧モデル、山善スチーム式加湿器KSF-M1001はこちら!

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の仕様の違いを比較

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の仕様を比較してみました。

KS-GC28 KSF-M1001
本体サイズ(幅×奥行×高) 235×230×310 mm 340×340×442 mm
重量 約1.8㎏ 約5.6㎏
電源コード 約1.5m 約1.5m
水タンク容量 2.8L 10L
加湿量 Lo:200ml

Mi:350ml

Hi:500ml

L:400ml

M:800ml

H:1200ml

連続運転時間 Lo:14時間

Mi:8時間

Hi:5.5時間

L:25時間

M:12時間

H:8時間

適用床面積 木造和室:8.5畳

プレハブ洋室:14畳

木造和室:~20畳

プレハブ洋室:~33畳

切タイマー 1/2/3/4h 1/2/4h
安全装置 空焚き防止機能

温度ヒューズ

湿度ヒューズ

温度ヒューズ

湿度ヒューズ

山善加湿器KS-GC28はこんな人におすすめ

山善加湿器KS-GC28はこんな人におすすめです。

  • 1人で使うときが多い
  • 机の上で使いたい
  • コンパクトなものがほしい
  • 持ち運びがしたい

コンパクトなモデルな上、取っ手がついているので、持ち運びがしやすいです。

また、机の上で使うことが出来るので、仕事中などにもおすすめです。

手元などの乾燥が気になる人にぴったりですね。

▼2022年発売の新モデル、山善スチーム式加湿器KS-GC28はこちら!

>>>山善スチーム式加湿器KS-GC28の口コミ・電気代についてコチラの記事をご覧ください!

山善加湿器KSF-M1001はこんな人におすすめ

山善加湿器KSF-M1001はこんな人におすすめです。

  • リビングやオフィスで使いたい
  • 大人数がいるときに使いたい
  • 子どもやペットがいる

大きいタイプのモデルなので、お部屋を全体的に加湿することに向いています。

また、チャイルドロック機能も大事なポイントになってきますよね。

▼2021年発売の旧モデル、山善スチーム式加湿器KSF-M1001はこちら!

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001に共通する機能

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の共通の機能をご紹介します。

  • 上部給水式
  • スチーム式
  • マグネットプラグ式

それでは、詳しく紹介します。

上部給水式

山善の加湿器はどちらも上部給水式になっています。

上から注ぐだけで水を補充することが出来ます。

また、KSF-M1001は水タンクの取り外しも可能です。

スチーム式

どちらのモデルもスチーム式を採用しています。

スチーム式のメリットデメリットも紹介しますね。

メリット:雑菌を放出しない。すぐ潤う。
デメリット:電気代がかかる。吹き出し口が熱くなる。

雑菌が出ない方式なので、安心ですね。

マグネットプラグ式

どちらのモデルも電源コードがマグネットプラグ式となっています。

足を引っかけても倒れず、プラグが外れるので、安全なつくりとなっています。

先ほどチャイルドロック機能を紹介しましたが、こちらの機能も安全面で嬉しいポイントですよね♪

▼2022年発売の新モデル、山善スチーム式加湿器KS-GC28はこちら!

▼2021年発売の旧モデル、山善スチーム式加湿器KSF-M1001はこちら!

山善加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

今回は、山善の加湿器KS-GC28とKSF-M1001の違いをまとめてみました。

KS-GC28はコンパクトなモデルで、個人使い向けです。

KSF-M1001は、大きいタイプで部屋全体の加湿におすすめです。

  • 3段階や自動モードなどの機能が欲しい
  • 高すぎない加湿器が欲しい
  • 冬の時期の乾燥が気になる

方は、山善の加湿器を試してみてはいかがでしょうか?

▼2022年発売の新モデル、山善スチーム式加湿器KS-GC28はこちら!

▼2021年発売の旧モデル、山善スチーム式加湿器KSF-M1001はこちら!

>>>山善スチーム式加湿器KS-GC28の口コミ・電気代についてコチラの記事をご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次