山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の違いを比較!おすすめはどっち?

今回は山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150の違いを比較してみました。

またどっちがおすすめかもご紹介していきます。

2021年10月にKSF-N150が発売されました。

そしてコンパクトなモデルのKSF-GB40が2022年9月に発売となりました。

山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150を比較してみると6点の違いがありました。

  • 給水方法
  • 搭載されているモードの違い
  • 360°回転ノズル
  • 安全装置
  • お手入れのしやすさ
  • 価格

それでは山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150の詳しい違いは本文をご覧ください。

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

>>>山善スチームファン式加湿器KSF-GB40の口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください!

目次

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の違いの比較

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の機能の違いをまとめました。

旧モデルとの違いが6点あります。

  • 給水方法
  • 搭載されているモードの違い
  • 360°回転ノズル
  • 安全装置
  • お手入れのしやすさ
  • 価格

では、山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の詳しい違いをご紹介したいと思います。

給水方法

まずは給水方法についてです。

どちらも上部給水式となっています。

ですがKSF-GB40では、3WAY給水といって、3パターンの給水方法があります。

  1. フタを開けて給水
  2. タンクで給水
  3. フタをしたまま給水

KSF-GB40は、タンクを本体から取り出せるので、蛇口から直接給水することが可能です。

また、少しだけお水を足したい場合は、フタをしたまま入れることも出来ちゃいます。

その時の状況に合わせて変えられるのでうれしいですよね♪

搭載されているモードの違い

KSF-N150ではセンサー運転で、自動運転が出来ます。

50/60/70%の3段階の設定湿度で運転します。

そしてKSF-GB40では、3段階切替にプラスしてオートモードがあります。

こちらのオートモードでは、湿度が50~60%になるように自動で切り替えてくれます。

自動運転は自分で切り替えたりしなくていいので便利ですよね。

360°回転ノズル

KSF-GB40の吹き出し口は、360°回転させることが出来るノズルになっています。

この360°回転ノズルを回転させて使うことで、好きな方向へと蒸気を出すことが出来ます。

※やけどの原因となるので運転中は触らないようにしてください。

本体ごと移動させる必要がないのでありがたい機能ですよね♪

安全装置

KSF-GB40とKSF-N150では、搭載されている安全機能が違いました。

まず、下の2点は同じです。

  • 温度ヒューズ
  • 電流ヒューズ

では何が違うのかというと、KSF-GB40では空焚き防止機能がついています。

そして、KSF-N150にはチャイルドロック機能がついているんです。

このチャイルドロック機能は、運転中に設定すると停止以外の操作が出来なくなり、停止中に設定すると、運転開始が出来なくなります。

小さいお子さんやペットがいる家庭では嬉しい機能ですね!

お手入れのしやすさ

KSF-GB40は、水タンクやフタ、ノズルを外すことが出来る上、丸洗いOKなんです。

そのため本体を持ち運ぶことなく、お手入れが出来ます。

KSF-N150は大型タイプで持ち運びなどが難しいため、KSF-GB40の方がお手入れがしやすいかと思います。

やはりカビなども気になるので、お手入れのしやすさは大事ですよね。

価格

山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150の価格を公式サイトと大手サイトで比較してみました。

KSF-GB40 KSF-N150
公式サイト 10,800円 27,800円
楽天 10,800円 27,800円
Amazon 9,818円
Yahoo!ショッピング 10,800円

KSF-N150は大型タイプなので、やはり17,000円ほど高いようです。

そして、AmazonやYahoo!ショッピングでは販売されていませんでした。

また、KSF-GB40はサイトごとで大きな差はありませんでした。

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の仕様の違いを比較

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の仕様を比較してみました。

KSF-GB40 KSF-N150
サイズ(幅×奥行×高) 255×200×320 mm 280×285×510 mm
重量 2.4㎏ 7㎏
電源コード 1.5m 1.5m
消費電力 400W 1200W
水タンク容量 4.0L 15L
加湿量(/h) Lo:200ml

Mi:350ml

Hi:500ml

L:500ml

M:1000ml

H:1500ml

連続使用時間 Lo:20時間

Mi:11時間

Hi:8時間

H:10時間
適用床面積 木造和室:8.5畳

プレハブ洋室:14畳

木造和室:~25畳

プレハブ洋室:~42畳

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

山善加湿器KSF-GB40はこんな人におすすめ

山善加湿器KSF-GB40はこんな人におすすめです。

  • コンパクトなモデルが欲しい
  • 机の上でも使いたい
  • 狭めの部屋で使いたい
  • 楽に給水したい

コンパクトなサイズで重量も軽いため、机の上での使用や、個人での使用にとても向いています。

また、3WAY給水で状況に合わせて給水方法を変えられるので、簡単に給水したい人にもおすすめです。

デスクワーク時などにも便利ですよね♪

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

>>>山善スチームファン式加湿器KSF-GB40の口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください!

山善加湿器KSF-N150はこんな人におすすめ

山善加湿器KSF-N150はこんな人におすすめです。

  • オフィスや店内、リビングなどで使いたい
  • 広めの部屋で使いたい
  • 複数人いるときに使いたい
  • 小さいお子さんやペットがいるご家庭
  • 仕様頻度が少なめ

大型なモデルなので、加湿量も多く、広範囲をしっかり保湿したい時に向いています。

また、チャイルドロック機能もあるので、お子さんやペットがいる方にはとてもおすすめのモデルです。

冬などに部屋全体を加湿することが出来るのはうれしいですよね♪

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150に共通する機能

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の共通の機能をご紹介します。

  • スチーム式
  • マグネットプラグ式
  • 操作部

それぞれ詳しくご紹介しますね。

スチーム式

山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150はどちらも、スチーム式を採用しています。

ヒーターで水を加熱して、出てきた湯気で加湿する方式です。

メリットなども紹介していきますね。

メリット

  • 雑菌を出さない
  • すぐ潤う

デメリット

  • 電気代がかかる
  • 吹き出し口が熱くなる

電気代は少しかかってしまいますが、衛生的に加湿出来るのがスチーム式の魅力です。

マグネットプラグ式

山善の加湿器はどちらも電源コードにマグネットプラグ式を採用しています。

マグネットなので、コードに足を引っかけてもすぐ取れます。

本体の転倒や、コードが傷むことを防げます。

運転中に倒れたら怖いので、これは安心ですね♪

操作部

最後に操作部などのデザインについてです。

どちらも色は白でインテリアに馴染みやすいデザインです。

ですがそれだけでなく、操作部がとてもシンプルなつくりになっています。

簡単で分かりやすいボタン配置なので、初心者の方でも操作しやすいんです。

操作に悩まなくていいのはすごく助かりますよね♪

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

山善加湿器KSF-GB40とKSF-N150の違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

今回は山善の加湿器KSF-GB40とKSF-N150の違いを比較してみました。

KSF-GB40はコンパクトなモデルで、デスクに置いたりなどに向いています。

お手入れや給水がしやすく日常使いしやすいつくりでした。

そして、KSF-N150は大型なタイプで、部屋全体の加湿などにぴったりですね。

また、チャイルドロック機能もついていて、安全機能もしっかりとありました。

さらにどちらも電源コードにマグネットプラグ式を採用しており、本体の転倒の心配がありません。

  • 衛生的に加湿したい
  • 安全に使いたい
  • 簡単で分かりやすい加湿器が欲しい

方は、山善の加湿器を試してみてはいかがでしょうか?

▼新モデル▼

▼最大20時間使用可能な、山善スチームファン式加湿器KSF-GB40はこちら!

▼旧モデル▼

▼センサーで自動運転してくれる、山善スチームファン式加湿器KSF-N150はこちら!

>>>山善スチームファン式加湿器KSF-GB40の口コミ・評判やレビューはコチラの記事をご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次