まだ見ぬ多伎町がここにある!
多伎スタグラム- Instagram -

出雲市最西端の町、日本海の美しい海岸線に面した「多伎(たき)町」には、大人から子どもまで楽しめるおすすめスポットが盛りだくさん!

 多伎町は、日本海に沈む美しい夕日が映える海辺の町です。
 きれいな海岸を活かし、健康と文化をテーマに、道の駅キララ多伎などの交流施設や、いちじく温泉、マリンタラソ出雲などの保養施設、また見晴らしの丘公園や手引ケ丘公園などの整備を進め、快適な海浜公園の創造に向けて取り組んでいます。
 また、夏の海辺では、水泳とランニングを組み合わせた「スイムラン in 多伎」が、全国の多くの鉄人を集めた一大イベントとして開催されています。
 さらには、国指定史跡となった田儀櫻井家たたら製鉄遺跡は、大きな価値をもつ新たな重要産業遺産として、これからの史跡整備とその活用が望まれ、石見銀山とも連携した今後の観光資源としても大いに期待できます。

多伎町のいちじくについて

  •  多伎町の特産品「いちじく」は蓬莱柿(ほうらいし)とよばれる品種で、古く寛永の時代、約四〇〇年前に中国から渡来したと言われています。
     多伎の豊かな自然の恵みを受けて育った「いちじく」はミネラルを豊富に含み、甘味が強く、水溶性食物繊維(ペクチン)、不溶性食物繊維(セルロース、ヘミセルロース)を他の果実より多く含んでいます。これらの相乗効果が血液をキレイにし、また、便通をよくするので健康・美容に効果的です。
     シーズンの生食だけでなく、ジャム・ゼリー等、多彩な加工品開発により一年中美味しい味を楽しんでいただけます。

多伎町の歴史・沿革

1956年(昭和31年)9月30日
岐久村・田儀村が合併して多伎村が発足。
1963年(昭和38年)11月3日
多伎村が町制施行して多伎町となる。
2005年(平成17年)3月22日
出雲市・平田市・佐田町・湖陵町・大社町と合併し改めて出雲市が発足。同日多伎町廃止。

多伎町の神社等

  • 多伎藝神社

    「出雲国風土記」の多伎枳社、「延喜式」の多伎藝神社、「風土記抄」の田儀大明神にあたる神社。 慶雲二年、(七〇五)、宮床の地(現在の宮地の前方か)に多伎々社を勧請し、阿弥加夜怒志多伎吉比賣命(あだかやぬしたききひめのみこと)を祀った。養老四年(七二〇)、奥田儀に多伎枳社を勧請し、伊弉那伎命(いざなぎのみこと)、大迦牟須美命(おおかむずみのみこと)を祀ったが、後年、多伎々社へ合祀した。この二神は雷大明神ともいい、雷よけの神として信仰が厚い。
    所在地: 島根県出雲市多伎町口田儀1364番地1
  • 小田神社

    「出雲風土記の小田社、雲陽誌の御守明神にあたる社で、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)を主祭神とし、豊玉姫命・鵜草葺不合尊・玉依姫命(とよたまひめのみこと・うがやふきあえずのみこと・たまよりひめのみこと)を配祀神として祀っています。 鎮座年代は不詳。「出雲国風土記」に「小田社」、「雲陽誌」に「御守明神」と記載されています。
    所在地: 島根県出雲市多伎町小田503番地
  • 多伎神社

    主祭神は阿陀加夜努志多伎吉比賣命(あだかやぬしたききひめのみこと)。
    大己貴神(おおあなむちのかみ)を祀っています。鎮座年代は不詳。
    「出雲国風土記」に記されている“多吉社”も延喜式の大穴持神社にあたり、もとは多伎神社道と市道交差点から東へ100メートルの道路脇高台(保神原)にあったものを天平から延喜年間に多伎神社へ一緒に祀られたもののようです。
    所在地: 島根県出雲市多伎町多岐639番地
  • 國村神社

    主祭神は「国引神話」の主人公、八束水臣津努之命(やつかみずおみづぬのみこと)。素佐之男命(すさのおのみこと)、大歳大神(おおとしのおおかみ)をともに祀っています。 鎮座年代は不詳。『出雲国風土記』に「國村の社」、『延喜式神名帳』に「國村神社」と記されています。 社伝によれば、「垂仁天皇(紀元前28年)ノ御宇ニ出雲宿祢初テ当社建立其時社内五百歩四方アリ・・・」とあります。
    所在地: 島根県出雲市多伎町久村1289番地
  • 華蔵寺(はなくらじ)

    大圓山華蔵寺といい、天平年間(729~749)行基菩薩によって開基されたと伝えられる天台宗の古刹です。本尊は大蔵大日如来、脇立は十一面観世音と毘沙門天です。 盛時は境内四町四方(約19万平方メートル)四十二坊、七堂伽藍を完備し、寺領八百石でしたが、永禄(1558~1570)のころ、尼子義久に寺領を没収されたり、数度の火災のために衰微しました。 堀尾義晴が領主となる以前、毛利輝元が寺領を寄付し、伽藍復興を始めました。松平直政が松江藩主になってからは、摩利支天を信仰、寺領十二石を寄付し、その後、伽藍の再建修築はすべて藩の手によって行われ、神門郡(かんどごおり)、飯石郡の信徒から米の喜捨を受けて本堂とともに蔵王堂、弁天堂も建立されました。 なお、本堂の東南の小丘には、男女和合、縁結び、子授け、安産のご利益で知られる金勢堂があります。また、弁天堂近くに稲荷社があります。
    所在地: 島根県出雲市多伎町久村908番地

多伎町への交通アクセス

高速道路
● 大阪(中国道)⇒落合JCT(米子道)⇒出雲IC(山陰道)⇒西へ12km
● 岡山(岡山道)⇒北房JCT/落合JCT(米子道)⇒出雲IC(山陰道)⇒西へ12km
● 広島(中国道)―(浜田道)⇒大朝IC・川本・石見銀山⇒国道9号(大田市から東へ16km)
● 広島(山陽道)-(尾道松江線)⇒出雲IC(山陰道)⇒西へ12km
長距離バス
● 東京―出雲(一畑バス)
● 京都―出雲(京阪バス・西日本JRバス・中国JRバス・一畑バス)
● 大阪―出雲(阪急バス・中国JRバス・一畑バス)
● 岡山―出雲(日の丸バス・両備バス・中鉄バス・一畑バス)
● 広島―出雲(中国JRバス・一畑バス)
● 神戸(三宮)-出雲(中国JRバス)
● 福岡(天神)-出雲
JR
● 東京・名古屋・京都・大阪(新幹線)-岡山(伯備線)―(スーパーやくも号・やくも号) ―出雲市(山陰本線)-小田駅下車 徒歩3分
飛行機
● 出雲(縁結び)空港

東京⇔出雲(80分)、大阪⇔出雲(60分)、名古屋⇔出雲(60分)、福岡⇔出雲(70分)
空港連絡バス 出雲市駅まで25分

● 米子(鬼太郎)空港

東京⇔米子(75分)
空港連絡バス 米子駅まで30分、松江駅まで45分

8月11日
初めまして!!「多伎町」の「滝」です!!
初めまして!!「多伎町」の「滝」です!!

@yomihanabi さんが教えてくれた、多伎町の滝を下見に行ってきました(^^♪始めから草刈り覚...

8月9日
7月の多伎げな賞発表!!
7月の多伎げな賞発表!!

7月の多伎げな賞の発表です! 多伎げな賞 毎月、エンブレムを付けさせていただいた写真の中から、2...

8月8日
海フォトコンテスト2018開催中!!
海フォトコンテスト2018開催中!!

海 どうも♪多伎スタグラムの柳樂です♪7月1日から8月31日までの間、全国、全世界の海を対象に #...

7月20日
「田儀桜井家と石見銀山について」講演会が開催されました。
「田儀桜井家と石見銀山について」講演会が開催されました。

「田儀桜井家と石見銀山について」講演会が開催されました。 こんにちは、田儀桜井家たたら遺跡保存会の...

7月10日
6月の多伎げな賞発表!!
6月の多伎げな賞発表!!

6月の多伎げな賞の発表です! 多伎げな賞 毎月、エンブレムを付けさせていただいた写真の中から、2...

6月26日
多伎スタグラム「フィーチャー」開始!!
多伎スタグラム「フィーチャー」開始!!

どうも♪いちじくの里多伎プロジェクトの絶滅危惧種!柳樂(なぎら)です♪ 以前、デザイナーさんに作っ...